+。魚+' -(1530)
本水槽向って右側。
レオパードクテノポマ#1とクテノポマ・キングスレイ#1が右端に。
古参乍ら目立たない存在です。
其の周囲にはシノドンティスがいます。
正面を向いているSy.ノタートゥス。
+。魚+' -(1522)
此方は換水中の写真です。
Sy.エウプテルスが舞っています。
此方は換水中しか目立ちません。
+。魚+' -(1521)
換水中しか正面に出て来ないSy.エウプテルス。
10匹全部健在です。
+。魚+' -(1527)
本水槽に於いて、半数以上がシノドンティスで14匹います。
+。魚+' -(1531)
クラリアス・アンゴレンシスにオレンジスポットセルフィンプレコ#1。
更にSy.エウプテルス。
総勢18匹のナマズが隠れ棲んでいます。
前月から増減なしで、成長具合もまるで不明な連中です。
+。魚+' -(1524)
前月から増減なしで、成長具合も不明なクテノポマ属。
成長期が終わったのでしょう。
+。魚+' -(1526)
レッドフィン・オスフロネームス・グラミー#2。
一番目立つ存在です。
+。魚+' -(1528)
成長速度は遅くなりつつあります。
+。魚+' -(1529)
レッドフィン・オスフロネームス・グラミー#3。
#2と比較されてしまうので、小さく感じます。
+。魚+' -(1532)
腹部が銀色に輝くレッドフィン・オスフロネームス・グラミー#2。
#3は、未だ此処迄綺麗に輝いていません。
+。魚+' -(1533)
先月は初日移行平和でした。
レッドフィン・オスフロネームス・グラミー#2が虐めをしなくなりました。
+。魚+' -(1534)
ゴールデン・オスフロネームス・グラミー。
改良品種と雖も成長速度は速い様です。
見る間に大きくなって行っています。
+。魚+' -(1523)
ゴールデン・オスフロネームス・グラミーが暴君にならねばと思っています。
+。魚+' -(1525)
キリパロットファイヤーシクリッド。
シクリッドの生き残り。
今の処健在です。
大きくなっていないと思われます。
非常に世渡り上手になったと思います。
当初は誰彼構わず喧嘩を仕掛けて、負け続けていました。
逃げるが勝ち戦法を会得した様です。

今月から暑くなります。
生体の増減は暫く無いと思われます。
其れに水槽内レイアウト改変もしないと思います。